起業した時にラッキーだった事

本店をオープンして、

もうすぐ10年が経ちます。


多くの人の支えがあり、

多くの人のおかげで、

10年間、楽しく過ごせています。

『感謝』の言葉以外は見つからないです。



今日は、『起業した時にラッキーだった』お話です。



小学校から大学まで通ったとしても

勉強は教えてもらえても

お店の始め方や、起業の仕方などは

教えてもらうチャンスはない人が

ほとんどではないでしょうか。



僕も同じでノーチャンスでしたが

ひょんな事からチャンスがめぐってきました。



それは、サラリーマンとして働いた

アパレルメーカーの時の事です。



ここでは、自社で作った服を

展示会や、直接お店に訪問して提案し、

商品を置かさせていただくという仕事内容でした。



全く予想していなかったのですが、

ここにチャンスがころがっていました。



というのは、

服を持っていくと

そこにはオーナーさんが、

真剣な顔で、販売する服を選ばれます。



何十人という

多くのお店のオーナーさんに会える事が

ビッグチャンスだったんです。



ピアノを習うときはピアノの先生から、

水泳を習うときは水泳のコーチからと同じように

起業するときは、起業した人からが基本です。



オーナーさんは忙しい人が多いので、

教えていただくというよりは、

見て覚えるという感覚でしたが。



同じ商品を販売していても、

売れるお店、売れないお店があり、

どこが違うんだろうと

よーく観察するようになっていきました。

この時の経験が、10年経った今もいきています。



特に参考になったのは、

小さなお店の女性オーナーさんでした。

毎週、仕入れに来られるのですが、

あきらからに、大きなお店より仕入れる数も多く、

いつ行っても、お店にはお客様がいらっしゃいました。


なんでだろう?

おもしろいなぁ!の連続で

僕にとっては、

学校の授業より何倍も楽しかったです。



起業される際に、

友達や家族に相談される方が多いはずですが、

まずは、どうにかして、

小さなお店でもいいので、

実際にお店や会社を運営している

オーナーさんのお話を聞くのが1番です。

ただ、忙しい方が多いので、

まずは、そこを突破ですね!!



<<前のブログへ  次のブログへ>>

<<前の日常の事へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA